キャッシングを低金利で利用するには?

キャッシングに限らず、金融機関でお金を借りる場合には、なるべく低金利で借りたいと誰でも思うものでしょう。
低金利で借りることができれば、その後の返済負担も少なくなり、その分心の余裕も生まれてきます。
キャッシングをできるだけ低金利で借りるには、どのようなポイントがあるのでしょうか。

 

キャッシングの商品案内などでは「実質金利4.8%〜18.0%」というような表示がされています。
一定の幅があるということは、利用される方により適用される金利が異なることを意味しています。
キャッシングの適用金利は、申込を行った後の審査で決定されます。
返済に対するリスクが低いと判断されると、低金利で提供し、できるだけ多く借りてもらおうと考えます。
逆に返済に対するリスクが高いと判断されると、金利を高くしてそのリスクをカバーしようと考えるのです。

 

収入や他社の借入状況などから余裕のある申込を行うことで、適用される金利が低くなる可能性があります。
もっとも初回の申込では、多くの方が最上限金利(先の場合では18.0%)に近い金利設定となるでしょう。
キャッシングの金利を比較する場合には、最上限金利に注目することもひとつの方法です。

 

その後、ある程度の利用実績を積んでいくことで、借入限度額を引き上げるとともに、適用金利を引き下げられる場合もあります。
一般的にキャッシングの金利は借入限度額が大きいほど低金利になる傾向があります。
最初のうちは最上限金利に近い金利でも、利用していくことで金利が徐々に引き下げられる可能性もあることを覚えておきましょう。

 

キャッシングの適用金利は、銀行系が低く、消費者金融系が高いという傾向もあります。
最近ではネット銀行系のキャッシングが金利が低いことで人気が出ています。
確かに低金利と条件は大きな魅力ですが、金利だけで商品を選ぶのではなく、自分の状況に応じた先を選ぶことも大切でしょう。
さらに必要以上の借入を行わない、借りた後はなるべく早期に返済することも心がけましょう。