キャッシングの利息とは?

キャッシングでお金を借りると、借りたお金に合わせて利息を支払う必要があります。
利息とは、いわばお金を借りることに対する手数料のようなものです。
お金を貸す貸金業者は、この利息を得ることで商売を成り立たせているので、利息を支払うことは致し方のないところです。

 

キャッシングの利息の割合を示すものが「金利」です。
通常キャッシングの金利には「年利」が用いられます。
「年利」とは「借りたお金に1年間でどれだけの割合の利息をかけるのか」を意味しています。
よくドラマなどで登場する「トイチ」は「10日で1割」の利息がかかるという意味ですが、このような高額金利は法律で制限されていますので、安心しておきましょう。

 

またキャッシングの金利では「実質金利」が用いられます。
「実質」とは、お金を借りる場合の手数料などの負担を全て含んだ計算を行う意味です。
お金を借りる場合には、ローン手数料や保証料といった負担が生じることもあります。
その点「実質金利」が用いられるキャッシングでは、負担が非常に分かりやすくなっています。
逆に「実質金利」を用いていない貸金業者の場合には、金利の他に高額な手数料などを請求される可能性がありますので注意しましょう。

 

実際の利息の計算は以下の式で行われます。

 

・利息=借りた元金×金利(実質年利)÷365日×借りた日数

 

例えば30万円を実質年利15.0%で30日借りた場合の利息は

 

30万円×15.0%÷365日×30日=3,698円 となります。

 

この30万円を毎月6万円ずつ返済していく場合の計算は以下の通りです。

 

・1ヶ月目

 

借入残高は30万円なので、利息は30万円×15.0%÷365日×30日=3,698円
これに返済元金6万円を合わせて、63,698円を返済する。

 

・2ヶ月目

 

借入残高は24万円なので、利息は24万円×15.0%÷365日×30日=2,959円
これに返済元金6万円を合わせて、62,959円を返済する。

 

このようにして返済時点での借入残高に応じた利息計算で返済金額が決定されるのが、キャッシングの利息です。
(本来キャッシングは一括返済を行いますが、最近では分割返済を行う商品も登場していますので、ここでも分割返済の例を挙げてみました。)