キャッシングの借り換えを利用しよう

「今利用しているキャッシングよりも、金利の低い商品を見つけてしまった」
「あそこのキャッシングがより低金利で借りることができるのに」
キャッシングを利用されている方のなかには、このような経験をされる方も多いのではないでしょうか。
「他人の庭は良く見える」というわけではありませんが、より低金利で借りることに魅力を感じる方も多いでしょう。
そのような方は、キャッシングの借り換えを検討してみましょう。

 

「借り換え」とは、より低い金利のローンを借りた資金で、今利用しているローンを一括で返済してしまうことをいいます。
よく住宅ローンなどではおなじみですが、キャッシングでも低金利の商品に借り換えることで、以後の利息返済負担を大幅に減らすこともできます。

 

また複数のキャッシングをひとつの商品で借り換えることを「おまとめ」「一本化」ともいいます。
利息返済負担を減らすだけでなく、まちまちだった返済日や返済額をひとつに絞ることで、返済管理も非常に楽になります。

 

まずは今のキャッシングの残高・金利・返済額・最終期限などを整理してみましょう。
そして返済負担が減るような低金利のキャッシングを探し出してみましょう。

 

借り換えとはいっても、新たに審査を受ける必要があり、その基準は新規借入時と何ら変わるものではありません。
さらに、借り換えの場合には、これまでの返済実績も重要になります。
毎月の返済をきちんと行っている方でなければ、安心してお金を貸すわけにはいきません。
最低でも半年から1年以上の返済実績を備えるようにしましょう。

 

申込の際には、必ず「借り換え目的」であることを担当者に伝えるようにして下さい。
でないと新たに別の申込、つまり新規で追加の申込を行うと勘違いされます。
すると審査にも合格することが難しくなるかもしれません。

 

無事審査に合格できれば、借りたお金は必ず借り換え目的に使用しなくてはいけません。
万が一別の目的に使用した場合には、資金使途違反として一括返済を請求されるだけでなく、違約金の請求も行われる恐れがあります。
さらにせっかく返済負担を減らす目的で借り換えを行ったのに、さらに返済負担が増えることになりますので意識しておきましょう。