キャッシングの借入限度額について

キャッシング会社は、「最大500万円まで融資可能!」といった宣伝を掲げています。
この500万円は「借入限度額」を表しています。
「借入限度額」とは、融資できる最大限度の金額のことです。
キャッシングは基本的に、この「借入限度額」の範囲内で借入と返済を繰り返していきます。

 

例えば借入限度額100万円のキャッシングを契約したとします。
契約と同時に借入限度額いっぱいの100万円の融資を受けました。
その後返済により、借入残高が80万円まで減ったならば、借入限度額の空き枠は20万円になります。
この20万円については、基本的にいつでも自由に追加で融資を受けることができます。
この「追加融資可能」がキャッシングの最大の特徴となっています。

 

キャッシングを申し込む場合には、希望する借入限度額を会社側に伝えることになります。
しかし全ての方が希望する金額で契約できるとは限りません。
借入限度額は、キャッシング会社の審査により決定されます。

 

キャッシング会社は、審査により申込んだ方の職業、収入、他の借入や返済状況などから、その方の返済能力を見定めます。
その結果、融資可能な金額、つまり借入限度額が決定されます。
キャッシングを初めて利用される方であれば、最初の決定額は多くても30万円〜50万円程度となる方が多いようです。

 

ただし一度決定された借入限度額は、その後も変わらないというわけではありません。
借入後、ある程度利用を行い、返済も順調に続けていたならば、借入限度額の増額も可能になるケースもあります。
借入限度額の増額は、会社側から提案されるケースと、利用者側から申込むケースがあります。
会社側から提案された場合には了承さえすれば、まず増額が行われることは間違いありません。
逆に、利用者側から申込んだ場合には、再度審査を受ける必要があります。

 

最初の契約から半年から1年間利用を継続していると、増額が可能になるようです。
もちろん全ての会社が増額に応じてくれるわけではありません。
しかしキャッシングを利用していると、今の借入限度額で不足を感じる方も多くいらっしゃるでしょう。
もし増額を希望されるのであれば、一度会社の担当者に相談してみてはどうでしょうか。