キャッシングとカードローンの違いとは?

キャッシングは、借入限度額を設けてその範囲内で借入と返済を繰り返していくローンです。
借入には専用のカードを使用し、ATMやCDで現金を引き出しします。
このような説明を聞くと「カードローン」を思いつく方も多いのではないでしょうか。
キャッシングとカードローンの違いはどこにあるのかご存じでしょうか。

 

その違いはずばり「返済方法」にあります。
キャッシングは、「翌月一括返済」が基本です。
借入したお金は、翌月の返済日に、それまで計算された利息を合わせて、一括で返済します。
借りることのできる金額は数十万円単位と小口になっています。

 

カードローンの場合には、「分割返済」が基本です。
借りたお金は、毎月決められた返済日(約定日)にそれまで計算された利息を合わせて、分割で返済していきます。
借りることのできる金額は数百万円単位と、キャッシングに比べてやや高額になっています。

 

このような違いを正確に説明できる方も少ないでしょう。
事実、個人融資を取り扱っているインターネットサイトの中には、キャッシングとカードローンを同等の扱いとしてとらえている先も多くあります。
しかし、正確にはキャッシングとカードローンは異なる金融商品であるのです。

 

ただし、最近の金融業界では、この違いが非常にあいまいになっています。
「キャッシング」と呼んでいる商品でも、分割返済を取り扱っている先もあります。
「カードローン」でも、当然のように一括返済が可能になっています。
中には、企業側から分割返済できる商品を「キャッシング」と呼んでいる先もあります。

 

利用する側としては、名称の違いよりも商品の中身に注目しましょう。
自分の目的や生活スタイルに応じた正確な商品を選択するようにしましょう。