キャッシング即日融資が可能なのは?使いこなす虎の巻

普段の生活においてお金はなくてはならない存在です。何をするにもお金が必要になり、そのためにわたしたちは毎日働いているといっても過言ではありません。しかし、長い人生の中ではそんなお金が突如不足する事態も起きます。いくら注意していても、突然お金が不足することがあるでしょう。しかも、急な出費でその日にまとまったお金が必要になることも考えられます。

 

普段から貯蓄に励んでいて何も心配ない、という方は少ないでしょう。突然のお金の不足に、あなたならどう対処しますか?

 

一番簡単にまとまったお金を借りる方法としては「キャッシング」があります。最近のキャッシングは、多くが「即日融資」に対応しており、どうしてもその日にまとまったお金が必要であるという需要に答えることができます。

 

「キャッシング」とは、「現金に換える」「小口の融資を受ける」という意味です。そこから「個人向けの無担保・無保証の小口融資」の総称として使われています。これを、少し分類して見てみましょう。

 

個人向け

個人向けとは、「個人の消費性」という意味です。個人事業主などの事業資金としては利用できないという意味です。また個人向けでも、ギャンブルや株式投資などの投機資金としての利用も禁止されています。

 

無担保・無保証

担保を取ったり、保証人を立てる必要がないという意味です。逆にいえば、担保や保証人を当てにした借入ができないという意味です。あくまで利用者本人による返済能力が問題となります。

 

小口融資

数十万円から数百万円単位の貸出という意味です。ただし最近では、数千万円単位の大口融資を行うキャッシングも登場しています。

 

キャッシングには、あらかじめ借りることのできる「借入限度額」が設定されます。この「借入限度額」の範囲内で借入と返済を繰り返していくのがキャッシングの特徴で、具体的に以下のような使い方を行います。

 

借入限度額100万円のキャッシングを契約
  • 借入限度額100万円いっぱいまで融資を受ける
  • 返済により残高が80万円まで減る(借入限度額の空き枠は20万円)
  • 20万円の追加融資を受ける(借入残高は100万円)

 

このように借入限度額に空き枠があれば、基本的にいつでも自由に追加融資を受けることができることが最大の特徴といえます。

 

借入には専用のカードを使用します。審査に合格すると借入専用のキャッシングカードが発行されますので、そのカードを使用してATMやCDで現金を引き出すことで借入を行います。ATMやCDはキャッシング会社自前のものの他、提携先(コンビニやスーパー)に設置されているものも使用することができます。

 

最近のキャッシングでは、融資金の振込サービスが普及しています。現金を引き出すのではなく、あらかじめ指定した銀行などの口座に融資金の振込を行うサービスです。わざわざATMやCDに赴く必要がありませんので、忙しい方などには最適といえるでしょう。通常は振込手数料無料で手続きを行ってくれますので、負担を考える必要もありません。

 

今すぐお金を借りるための「即日融資」可能なキャッシングは、普段の急な出費に非常にありがたい存在となるでしょう。審査完了時間は最短で30分程度、早ければ40分から1時間でまとまったお金を借りることが可能です。申込方法も「店頭」「無人契約機」「インターネット」「電話」など様々な方法が準備されています。自分の都合に合わせた方法で申込を行うことができますので、非常に便利になっています。

 

もちろんキャッシングは、「借金」ですのでその使い方には注意しなくてはいけません。「借金」を行うということは、「利息」を合わせて返済するということです。借りたお金にプラスして返済を行う必要があるので、その負担を考えておく必要があります。

 

キャッシングの金利と聞くと、どうしても高いというイメージがつきまといます。確かに住宅ローンなどの有担保の目的型ローンに比較すると、性質上どうしても高い金利にならざるをえません。しかし、最近では金利に対する法規制もきちんと行われており、また低金利競争も激しくなっています。銀行系のキャッシングを中心に、非常にリーズナブルに借入することができるようになっています。

 

だからといって返済計画のない借金は厳禁です。借入する前には、きちんとした返済計画を立てるようにしないと、後々大変なことになるでしょう。「ご利用は計画的に!」という宣伝フレーズは伊達ではないのです。

 

  • きちんとした返済計画を立てる
  • 必要以上のお金を借りない
  • できるだけ早期に返済を完了する

 

このような心がけがキャッシング利用者には求められます。しかしキャッシングを一度利用してしまうと、借金癖から抜け出せなくなる方も多くいらっしゃいます。「一瞬でお金を手に入れることができる手軽さ」の反面、「借金に依存してしまう副作用」を備えているといえます。キャッシングはいわば「諸刃の剣」なのです。

 

多重債務に苦しんでいる方に話には、始めは数万円の借金は、気が付けば借金と返済を繰り返して、数百万円にまで膨れ上がった、という方も多くいらっしゃいます。「始めは1万円だけ」と思っていたのが、「次は5万円に……」、そのうち「10万円でも大丈夫……」というように簡単に考えてしまうのです。
このような話を聞くと「お金にだらしない方だなあ」と感じるかもしれませんが、決して他人ごとではありません。お金の魔力は、誰でも簡単に忍び寄ってくるものなのです。

 

ライフスタイルの変化が、キャッシングに対する依存度を高めている背景もあります。最近では「核家族化」が進み、「人間関係の希薄化」が問題となっています。その結果、お金に対する相談を親や親せきに行うことができない方も増えてきています。その分簡単にまとまったお金を手にすることができるキャッシングが、若年層を中心に利用度が高くなっているのです。

 

このような話を聞くと、キャッシングに抵抗感を覚える方も多くいらっしゃるでしょう。しかし日常生活のお金の不足では、非常に便利に利用できるのがキャッシングであることは間違いありません。用はその使い方さえ間違いなければ、何も問題ないのです。安心してキャッシングを使いこなすようにしましょう。